どうすれば家に気持ちよく住めるのか\?基本的なことを学ぼう!

Home and House

費用を考える

屋根勾配によって費用が異なる

屋根塗装を行う場合に屋根の傾きによって施工方法が異なります。屋根がフラットであれば梯子で屋根の上に乗ることが出来ますので安定した足もので屋根塗装を行うことが出来ます。塗料の起き場所にも困ることはありません。したがって工事代金も塗装以外にほとんどかかりませんので安く上げることが出来ます。しかしながら屋根は一般的に勾配を持っています。勾配の角度があまり険しくない場合には親綱を使って屋根塗装を行うことになります。親綱に作業車の安全帯を結び付けたうえで移動しながら屋根塗装工事を行います。塗料を置くところには工夫が必要です。緩やかといっても傾斜はあるわけですから置き場所は平らに工夫しておかなければなりません。

急こう配では足場を設置して作業を行う

屋根が急こう配の時には足場を設置しなければなりません。屋根の外周部に仮設足場を設置して作業員の落下を防止することになります。場合によっては屋根にも屋根足場を設けて作業床として活用します。八重梨場を敷いた場合には作業するスペースが限られますので作業手順を工夫して効率よく屋根足場を移動しながら作業しなければなりません。特に屋根の突端の作業においては足場に命砂を取り付けながら屋根から落下しないようにして野猿塗装工事を行います。勾配が緩やかであればいらない足場を設置しなければならないので工事期間も長くなりますので、費用も他の方法に比べて格段に高くなってしまいます。少なくとも天候の良い季節を選んで一気に工事を行うことが重要です。